結婚相談所の賢い活用

ある大手結婚相談所で数年間社員として仕事をしていました。
主に営業して新規顧客の接客をし入会させるという仕事です。

 

今は多少違ってるかもしれませんが、
当時の結婚相談所は入会アリキになっており、
極端なことを言えば、入会した会員さんがその後成婚しようが
お見合いが全然実現できなかろうが、関係ないという状況でした。

 

問題は料金体系だ!

 

結婚相談所の料金体系をチェックすれば
そこの結婚相談所が成婚主義=成果主義かどうかすぐにわかります。

 

 

入会費・登録費がめちゃくちゃ高い結婚相談所はダメ。
最初にかかる費用が高い結婚相談所は極力パスしましょう。

 

初回で10万〜20万かかる結婚相談所も多くありますが、
婚活にかけられる費用に余裕のある方なら問題ありませんが、
できるだけ節約したいと考えるなら、最初にかかる費用が安い結婚相談所を選びましょう。

 

 

理想的な結婚相談所の入会費は、5万〜10万です。
できるだけ安いところを探すようにしましょう。

 

登録・入会等で10万以内なら合格ラインですが、
本当の理想を求めるなら7万以内かな。
こういった結婚相談所も探せばあります。

 

 

安い結婚相談所・大手以外の結婚相談所はダメ」と思ってませんか!?

 

結婚相談所の仕組みとして会員が異性と出会い(お見合い)する機会を設けます。
当然ながら男女それぞれ多くの会員がいなくてはダメです。

 

少なくとも数千人以上の会員がいなくては地域と条を絞ると
理想的な相手が見当たらないということになりかねません。

 

そういった心配をすると、大手じゃないとダメとなりますが、
案外そうでもないのが結婚相談所業界なんです。

 

 

中小の結婚相談所は連盟に所属

 

大手以外の結婚相談所は会員同士を融通しあう連盟に所属しています。
中小・零細の結婚相談所が加盟してお互いの会員を紹介し合う仕組みです。
この仕組みのおかげで規模の小さな結婚相談所でも数万人の異性を紹介可能になります。

 

つまり、結婚相談所連盟に所属していれば会員数の心配は不要です。

 

ただし、結婚相談所連盟もいくつかあり、規模の小さいところもあります。
気になった結婚相談所がどこの連盟に加入していて、会員数がどのくらいいるのか
聞いてみるのが一番です。

 

3万人以上の会員のいる結婚相談所連盟ならOKです。

 

 

 

安くてサービスの良い結婚相談所を使え

 

価格的には上述したように初回で5万〜10万以内の結婚相談所を探します。
月会費も1万円前後の結婚相談所が良いでしょう。

 

お見合い料というのも別途かかってくる結婚相談所が大半ですが
なかにはお見合い料が無料というプランを提供してる結婚相談所もあります。

 

 

サービスについてですが、これは非常に微妙です。
そもそも結婚相談所はネット検索が主流になっています。
自分で会員のなかから希望の異性を探す仕組みです。

 

相談所のアドバイザーから意見をもらうシーンというのは限られます。

 

自分でやる気がある人なら結婚相談所の仕組みさえ使えれば問題ないと言えます。

 

 

モチベーションが落ちたときのサポート

 

結婚相談所へ登録し婚活をスタートさせてもなかなか理想の相手は見つかりません。
成婚率が●%とかって書いてる結婚相談所もあり、期待して婚活してみたものの
全然いい人と巡り合えない。。。そんな人が非常に多くなっています。

 

出会いがあってワクワクしていれば婚活も楽しいですが
「お見合いが成立しない、お見合いしても次のデートへ繋がらない。」
こうなってくると婚活自体が苦痛になってきます。

 

そんなときはアドバイザーの力量が重要です。

 

具体的にアドバイスしてくれる結婚相談所が求められます。